アイピル (I-Pill)使用後の出血について

緊急避妊用ピル「アイピル(I-Pill)」とは、事後ピル、アフターピルの名称でも呼ばれている緊急避妊薬です。
性行為の際に、避妊具を使用しなかった場合やコンドームが破れるなどして、避妊に失敗してしまった場合の計画外の妊娠を防ぐことができるモーニングアフターピルです。
アイピルの効果は、性行為後24時間以内で95%、72時間以内であれば75%の有効性が報告されています。
なるべく早く服用することが、効果をより有効に発揮させるためには必要となります。

アイピルの使用法は性行為後、72時間以内に1錠をなるべく早く服用します。
使用後の出血については、アイピルの黄体ホルモンとしての作用が、強制的に生理を引き起こすためです。
生理は、服用後3日から1週間で起こるのが一般的で、避妊が成功したと考えられます。
このように身体に大きな負担をかけてしまうので、通常の避妊薬と同じように毎日常用することは避けなければいけません。
アイピルのようなアフターピルは、あくまでも緊急避妊を目的に製造されている、強い成分を含んだ医薬品です。

アイピルは、一般にノルレボして知られるジェネリック医薬品で、日本では販売されていません。
なのでアイピルを入手するには、ピル 通販を利用して個人輸入代行を利用されている方が多いようです。
医師の処方で手に入るアフターピルが、2度の服用を必要とするのに対し、アイピル (I-Pill)は72時間以内に1度だけ服用すればいいという手軽さで、人気の高いアフターピルです。

アイピルに重篤な副作用はありませんが、女性ホルモンの減退によって生じる月経のような消退出血、不正子宮出血といった使用後の出血や、頭痛、悪寒を伴う吐き気、倦怠感などが起こる場合があります。
このような症状が出た場合には、医師に相談することをおすすめします。